お宮の腹帯について  

2007年 08月 07日

明日はみなさんお待ちかねの戌の日ですので、お宮に置いている腹帯のご紹介をします。
うちのお宮では二種類置いています。
まずは昔からある晒しです↓↓

晒しは約4メートルの晒し布に先端はゴム素材の布になっているため比較的巻きやすいタイプの晒しになっています。
もう一つはガードルなどの上に支えとして使用する補助帯です↓↓

サイズはフリーでカラーはピンクのみです。お腹にあたる内側の部分に、
宇美八幡宮の御朱印を押しています。

※補助帯は平成24年度で終了させて頂きました。。。

うちのお宮に置いている腹帯は全て神主が御本殿にて御祓いを済ませているものになります。

よく安産祈願でお参りに来られた方で
腹帯の祈願をしてほしいのですけど・・・」
とおっしゃる方がおられます。
もちろんその考えも正しいのですが、安産祈願は妊婦様が無事に安産でお子様を出産できますように・・・という神様へのお願いの祈願になるので、あくまで主役は妊婦様になります。

そうそう主役が妊婦様といえば、安産祈願の際は受付で、妊婦様のご住所、お名前、年齢を書いて頂いているのですが、あたしは初めてそれを聞いたとき、
もちろん実際に産むのは女性だけかもしれないけど、二人の子供だし、男性も、安産の願い は同じはず!!だから夫婦の名前をかくべきでは??
なんか女性だけの祈願なんて、女だけが頑張らなきゃいけないみたいで、ちょっとせつないなあと思ったことがあります。

あたしと同じ気持ちで安産祈願に来られるご夫婦さまもいらっしゃるようで、受付の際、お二人のお名前を書かれているときがあります。
そんなとき、あたしとおんなじ気持ちだわあ・・・なあんて、また心で思いながら、
「安産祈願ですので妊婦様だけのお名前になりますので申し訳ないのですが、旦那様のお名前は消させていただいてよろしいですか?」
ときくと
そのときのご夫婦様はお二人でうふふっと顔を見合わせ、苦笑いしながら
「はい」 とどことなくせつなそう・・・

わかります!!そのお気持ち!!!と心で大声で叫びながら

笑顔でおめでとうございます^-^と申し上げています。

またそんな温かいご夫婦に明日も会えますように・・・


※皆様のご意見等をもとに、少しずつ変化しております。
  帯の種類など一新させていただいておりますので、宜しければ新しい記事もご覧ください^^
■  [PR]

by umi8umi8 | 2007-08-07 22:40 | 戌の日(安産祈願) | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://umi8umi8.exblog.jp/tb/7259727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 七夕祈願祭無事に終了しました メタボな神主の芸術作品 その1 >>